2022年5月23日月曜日

グルテンフリー、その後1

 2ヶ月半前からグルテン摂取を減らし、1ヶ月前からほぼグルテンフリー、5/1から断酒(23日間)、過去1ヶ月間の走行距離40km。食事は少し減らし気味。体調はまぁまぁ。下痢気味になることは無く、少し排便の周期が延び気味だが、便秘ということもない。急なひどい体調不良も今のところない。

 最近は、起床は昼過ぎ。朝食はオートミール30g+豆乳100gを電子レンジで30秒温めて(温めないと、ちょっと胃にきつい><)、ミックスナッツを10g、バージンオリーブオイルを大匙1、ナッツを一つまみ。16時ぐらいに少し食べて、週に2-3回17時ぐらいから外ラン。夕食は21-23時。夕食は肉が減って魚が増えた。

 これで1ヶ月前より1.5~2kgぐらいやせた。胃袋も小さくなって、前ほど一度に沢山食べられない感じ(胃が弱くなっただけの気もするが...)。

 いままで何度もやった1ヶ月3kgのハードダイエットよりはずっと楽。ただ、8/28の北海道マラソンまでに70kgにしたいのだが、今のペースではちょっと無理。今80kg弱だから、74kg。まぁ、これからの暑い時期に体調を維持できるかという問題もあるので、ゆるく頑張ろう。

2022年5月11日水曜日

グルテンは合わなかった...

 2月の末からグルテンフリーに挑戦、少しずつ減らして、この20日ほどは醤油や加工食品の"原料の一部に小麦、...を含む"以外の小麦を摂取を避けてきた。そのせいか、頭はスッキリとはいかないが頭重感はほぼなくなり、体もだいぶ軽くなって疲れにくくなってきた。 しつこかった、入眠時、起床時ののどの痛みもほぼ解消(入眠時に唾液は多めだが)。少し便秘気味というか、便が出にくくなった以外は概ね順調だった。

 ところが、今日の夕方、ここしばらくなかった眠気と疲労感が来た。この手の不定愁訴はここしばらくなかったのだが、久しぶりに来たか、という感じ。しかし、しばらくして今日の食事に思い至った。今日は12:00に起床、オートミール+豆乳+ナッツ+ドライフルーツ+オリーブオイルを軽く食べ14:00から会議、16:30ぐらいにスーパーの弁当を食べた。弁当の内容は鳥肉照り焼きとハンバーグ。そういえば、ハンバーグって、つなぎにパン粉を使ってなかったっけ?と思って原材料を調べてみたら、案の定、パン粉があり、小麦もあった。

2022年4月30日土曜日

またフルマラソンに挑戦

 このあいだ、フェイスブックを見ていたら「北海道マラソン開催!」の記事が流れてきた。制限時間が6時間になったのか、最近運動不足だしちょっと運動しなくちゃ、と抽選に申し込んだら当選した。フルマラソンしかないので、4ヶ月後の8月28日にフルマラソンを走ることになった。

 小さいころからスポーツは全くダメなのだが、30歳すぎからランニングを始め、フルマラソン2回完走、ハーフ以下の距離は全部合わせれば10回ぐらいは走っていると思う。最後にフルを走ったのは2009年の東京マラソンで、実質6時間ぐらい。あの後、体がきつすぎて、フルを走るのはもうやめようと思ったのだが...。

 ここ数年、ずっとさぼっていたので、今は3kmを21分で走るのがやっとの状態。キロ7分30秒、8km/hのイーブンペースで5時間半ぐらいを狙っているのだが、4ヶ月でそこまでいけるのか?今の80kgの体重を70kgぐらいまで落とせれば何とかなると思うのだが、走りながらそう都合よく痩せるのか?暑さに弱いのに8月末に向けて、まともにトレーニングできるのか?等々、不安要素は尽きない。

 しかし、まぁ、支払手数料を含めて、参加費17,407円も払ったんだから、4ヶ月間、頑張ろう!

2022年4月28日木曜日

左胸が痛くて

 以前から緊張したときや体調が悪いときに左胸に痛みが走ることがあった。ここ何週間か、特に原因もなく左胸に痛みや違和感があり、吐き気を併発することが良く起きた。不安になったので、風しんの抗体検査を聞きに病院に行ったついでに、見てもらった。

 レントゲンを撮って、心電図も取ってもらった。レントゲンを見た限り異常なし。心電図も何の兆候も見られない。心臓の可能性は低い。肋間神経痛かもしれない。次の健康診断(多分半年後)までは様子見で大丈夫だと思います、とのことだった。

 いままでもホルター心電図を付けて24時間調べたり、造影剤をいれて心臓のCTを取ったりと、いろいろしてきたのだが、年齢によるもので特に異常なしということだった。

 先日、同い年の知り合いが孤独死して、どうやら原因は心不全だったらしいと聞いて少し弱気になったのかもしれない。

 まぁ、やることはやった。なるようにしかならん ><。

風しんの抗体検査をしてきた

 アラ還(=四捨五入で60歳)なったころから、風しんの無料抗体検査+必要であれば無料ワクチンの案内が来るようになった。行かなければ、と思いつつ、いままで何回かスルーしてきたのだが、新型コロナがなかなかおさまらず、安心して医者にもかかれない現状を考えるに、この年で風しんにかかるとかなりヤバそうなので、重い腰をあげて検査を受けてきた。

 対応している医療機関のリストに、近所の内科があったので、事前に電話で確認すると「予約は必要ありません、市役所から送られてきた書類を持って、診療時間内にきてください」とのこと。病院では問診もなく、看護婦さんに採血されて終了。結果はわかるので、一週間経ったら来てください、と言われた。電話ではだめなのか?とも思ったが、そこまで忙しくもないので質問もせず帰宅。 

 抗体が無かったらワクチンを打たなくてはならないのか、注射はいやだなぁ...、などと考えていたら足が遠退き、結局結果を聞きに行ったのは2週間以上経ってから。今度は診療室で先生から「子供の頃に罹ってますね、超強力です」とのこと。項目目[*風疹*IgG EIAクーポン]の検査結果が[83.5H]、単位は[EIA価]、基準値は[6.0 未満]。基準値の約24倍。これは強力だ。これからも心配ないでしょうとお墨付きももらった。

 これでいろいろ一安心。

 

2022年4月14日木曜日

初めての尿管結石:1年後

  去年の一月、尿管結石になり救急車を呼んで入院したのだが、その時、一年後にもう一度来てください、といわれた。で、行ってきた。

 腎臓のエコーをして、小さい石があるようだということで CT + レントゲン。一ミリ以下のそれらしいものがいくつかあるらしい。それ以外は炎症も腫れもなく問題なし。出てきた石の成分はシュウ酸カルシウムがほとんどだったので、食べ物に気を付けて、紅茶やチョコレート、ナッツ類は取りすぎない、不摂生な生活をしないように、尿の比重が高めで今の時点ではちょっと水分が足りない、健康診断で何年も続けて石が出てくるようなら、また診察に来てください、ということだった。

 確率的には、死ぬまでにもう一回なる可能性が高いそうだ(2-30%?)。あんな痛い思いは申したくない。節制しよう。

2022年4月13日水曜日

グルテンフリー、実践中

 プレジデントオンラインでは、本の抜粋みたいな記事がよくあるのだが、たまたま「小麦が合わない人がいる」という系の本の紹介記事を読んだ。小麦の成分の一つであるグルテンは分解が難しく、小腸を傷つけ、その傷口から本来吸収してはいけないもの血液に入れてしまうそうな。そして、それが体調悪化につながると。

 不定愁訴の塊のような体質なので、食べ物と体調の関係にはついては気を遣ってきた。そのおかげで、水あめやたんぱく加水分解物、原材料に醸造用アルコールを含む日本酒には相性が悪いものがあることがわかっている。ただ、小麦、正確に言えばグルテンは思いつかなかった。